モモとパク その2 パクとの出会い

2016年12月 モモ(左)とパク(右)

モモとパクの紹介の続きです。

モモ ヨークシャテリア(女の子) 8歳 
 誕生日 2009年5月10日

パク マルチーズ   (男の子) 4歳 
 誕生日 2013年5月23日

ここでは、パクについて紹介します。
パクはもうすぐ5歳になります。
ここでは、どんな経緯でパクが家族となったかお話します。名前や性格などにも触れたいと思います。


パクとの出会い

2013年のお盆休みの帰りに、神奈川のペット屋さんで2匹の男の子の白いわんちゃんが、円形の広めのアクリルケースに入れられて展示されているのを見ました。

近づくとマルチーズの幼犬でした。

大人しい子と、活発な子がいて、クルクル回ったり、じゃれ合っていました。

たぶん兄弟だったと思います。

おかあちゃんが静かなわんちゃんを抱っこしようとすると、もう一匹のわんちゃんが、自分も自分もと大騒ぎになりました。

この勢いに押される形で、おかあちゃんと、わたしとふたりで、このわんちゃん達を抱っこすることになりました。とても抱きごたえが良い印象を持ってしまいました。

さずがに、マルチーズが「抱き犬」と言われるだけのことはあります。

この時の抱っこの印象が忘れられずに、一週間後に、再度、そのわんちゃん達を見に行きました。

その時はすでに大人しい子の方はすでに売れてしまって引取られたようです。

ここには、活発な子のみが残っていました。

モモの顔立ちも似ているし、良い顔をしているので、モモの姉弟として、遊び相手としてマルチーズでもいいかなと考えていました。

大人しい方のわんちゃんなら即決したかもしれませんが、騒々しい感じの子だったので少し躊躇しました。

しかし、このチャンスを逃したらこの子も売れてしまって、当分マルには会えない気がしました。

おかあちゃんが「どうする?」と聞きましたが、その時は、すでに二人とも連れて帰るつもりになっていたので、おかあちゃんがいいなら、いいよ、と言った記憶があります。

そして、その日に購入の契約しました。

一週間後に受け取ることになりましたが、その後大変な毎日になるとは予想できませんでした。

家族になる!

ついにパクが家族の一員になりました。

しつけのためゲージの中にパクを入れています。

この後2週間はこのゲージの中をメインに生活する予定でした。


2013年8月 パクが来た

しかし、今回はパク一人だけの部屋を用意することが出来ず、ゲージをリビングに置かなければなりませんでした。

家に来たそうそうに、最初に、近づくモモにびっくり! たすけてぇ~!
おかあちゃんにSOS、きゃんきゃん言って抱っこをねだります。

モモに慣れてくると、ゲージの外へ出せと、要求吠えで、抱っこするまで一日吠えているそうです。

これが暫く続き、おかあちゃん、外に出られず、ついにノイローゼ一状態でした。

少し落ち着くまでに3か月くらいはかかったようです。

この様子については、次回のブログで紹介したいと思います。

また、モモに慣れてくると、モモがパクの面倒をみたり、一緒にいる機会も増えてきました。

今でもそうですが、お昼寝等は同じところで、一緒に寝たりすることも見られるようになってきました。


2013年12月 モモがお母さんになった

ここには天敵がいないため天真爛漫です。

おなか丸出しで寝ることもしばしばあり、呆れさせられます。


2016年5月 寝相 天敵無 

パクという名前

パクという名前は、名は体を現わすということで、マルチーズの体の色「白」からつけています。

「しろ」というわんちゃんは割といるので、純白の「じゅんぱく」のパクとしました。

韓国のパクさん等とはなんら関係ありません。


2013年8月 命名 パク 


パクの性質・性格

甘えん坊です。

偉いところは、モモのしぐさで学習したようですが、リビングの扉が完全に閉まっていなければ、自分の手で開けて出入りします。

人を呼ぶ時や、ごはんが欲しい時は、わたしやおかあちゃんの腕や顏を、自分の手で「ねぇ、ねぇ」と手招きのようなジェスチャーで擦ってきます。

まれにこの時爪が立って引っ掻かれます。

寝るときは、一緒に寝たがります。

布団の中や、布団の上に乗って寝ます。

布団の中に入りたい時は「ねぇ、ねぇ」してきます。

昼間眠くなると、「ねぇ、ねぇ」して、おかあちゃんのエプロンや、服の中に入りたがります。

入れるスペースが無いと、時々、偉ぶって胸のボタンを外せと唸るときもあるようです。


マルはそこそこ頭が良いはずですが、吠えちゃダメ!と何度言い聞かしても、時には体罰で痛い目に合っても、おやつを無くしても、無駄吠えはほんとに我慢できません、、、

やっぱりおバカ犬と思うことが多々あります。

遊びはマイペースです。ボールキャッチや、フリスビーには興味を示しません。

今は、おとうさんとの絡み合いが遊びです。

パクの隠した靴下をとられたり、自分の思うようにならないとストレスを感じるようです。

ちょっとストレスを感じると、家の中を7~8周くらい全力で走り回ります。

自分のペースで運動するタイプです。

走る姿はとても、かわいくて、凛々しいので、それはそれで見たくなります。

それで多少いじめてストレスをためさせて走り回るのを見ることもあります。

また、良く舌を出す場面があります。

舌をだしたまま寝ることもあります。

多少おバカでもかわいいです。


2016年8月 パグ べー 

パクは、すでにモモより身長、体重とも大きくなりました。

目を離すと、モモのごはんを食べてしまいます。モモは黙って譲ります。

ただ、喧嘩をするとモモが勝ちます。

モモの歯や牙は太く強いのですが、パクの歯や牙は細く太刀打ちできそうにありません。

パク熟睡中危険につき注意!

パクが塾睡中におかあちゃんが顏を近づけ、その気配に驚いたパクは、いきなりパクっと容赦なく噛みついてきました。

危険を察して避けたおかあちゃんの鼻には長さ2センチ位の牙でできた傷が生々しくついていました。

わたしも熟睡中のパクの服を脱がせようとしたところ、手を噛まれました。

熟睡中は、どのわんちゃんも同じかと思いますが、手出し無用です。

でもモモに噛まれたことはないな。
男の子と女の子でちがうのでしょうか?


それから、パクの肉球は、黒にピンクが混ざったまだら模様です。

ピンクだけの肉球もありますが、黒のみもしくは黒が混在している面積の方が多くなっています。

肉球等で、特に特徴的な匂いはありません。


パクの犬種としての特徴

マルチーズという犬種は、白い毛が、ふわふわなめらかで、とにかく気持ちいいです。

シルクに例えられることもある体毛なので、その触り心地を想像してもらえるかと思います。

寝る時にいつも布団の中に潜ってきますが、本当に肌触りは最高です。


2017年10月 純白でシルクのような上毛 


マルタ島で愛犬用として改良されたということで、純白で、かわいい容姿、肌触りのよいシルクの様な体毛の他にも、芸達者な一面もあります。

特に立つことは得意のようで、抱っこして欲しい時、おやつが欲しい時等、幼犬のころから、よく立っておねだりします。

立ったまま、両足でぴょんぴょん跳ねて着ます。

幼児が抱っこ等せがむ時と同じです。


2014年12月 玄関でいってらっしゃい


2015年11月 抱っこして 

また、涙やけ(流涙症)のマルチーズを良く目にします。

色が白いので涙やけが目立ちやすい犬種でもあります。

パクも涙やけがありました。

お医者さんで、洗浄してもらったり、おかあちゃんが、目ヤニとりや、クリーナーで顏拭き等しましたが改善は見られませんでした。

幸いパクの場合は、低アレルゲンのドッグフードに変えることによって治りました。

上の写真は涙やけの対処の前後のパクです。

これ以来、涙やけの無い純白のわんちゃんになり、名前のとおりになって本当に良かったです。

パクの涙やけ






最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






0 件のコメント :

コメントを投稿


ランキングに参加しています! 下のバナーをポチっとしていただけると感謝!
 
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ
にほんブログ村